セサミンガイド(ランキングやコラムで比較検討!)

画像

セサミンと肝臓

セサミンの重要な働きの一つに「肝臓」をサポートするという役割があります。
この役割によってセサミンは大きな注目を浴びています。

そもそも肝臓はどんな働きをする臓器なのでしょうか?
まずは肝臓の役割から説明します。

肝臓は人間の身体のなかでも最も大きな臓器で、お腹の右上に位置しています。
その機能は多岐にわたるため、非常に重要な役割を持った臓器であるといえます。
その働きは、少なくとも400以上はあると考えられており、実用できる人工臓器を作り出すことはおろか、
同程度の働きを持った化学工場をつくる事も不可能と考えられています。
しかも肝臓へのダメージを修復・再生する能力も非常に高いのが特徴です。
それ故に、肝臓が傷ついてもシグナルともいうべき「自覚症状」がでないことが多いので、
日頃からしっかりと自己管理することが肝要です。
気づいた時には、すでに症状がかなり悪化していたということもしばしばあるので、注意しましょう。
この特徴から、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれることもあります。

先述したように肝臓の働きは多岐にわたりますが、その一つに活性酸素の抑制が挙げられます。
活性酸素と抗酸化作用については「セサミンの代表的な効果」で詳細に解説していますが、
セサミンにも同様の働きがあるため、摂取すれば結果的に肝臓をサポートすることになるわけです。

肝臓にいる活性酸素を抑制できる成分は多くありません。
なぜなら、肝臓に到達するまえに消化・吸収されてしまう事が殆どだからです。
セサミンは肝臓までしっかり運ばれてくるという特徴がある珍しい成分です。
抗酸化作用を持った成分はたくさんありますが、肝臓をサポートできるものは数少ないといえるでしょう。
これらの点から、セサミンは肝臓を力強くサポートしてくれます。

もちろん、セサミンの働きは肝臓のサポートにとどまりません。
その他にも美容や健康に様々な効果・効能をもたらします。

Main menu

Ranking

    オススメNo.1
    かどや ごまセサミン

    オススメNo.2
    ごま酢セサミン

    オススメNo.3
    セサミンGOLD

Related topic

Copyright© 2010 Sesamin supplement Guide All Rights Reserved.