セサミンガイド(ランキングやコラムで比較検討!)

画像

セサミンとビタミンEでアンチエイジング

 

老化により、肌の張りや弾力が減り、しみ・しわが増えてきます。
内臓の働きも衰えて、肝臓・腎臓などの病気も気になります。
セサミンはアンチエイジングに大きな効果があります。
食物やサプリメントなどで積極的にとりましょう。
セサミンには強力な抗酸化作用があり、活性酸素の害を防ぎます。
活性酸素は体をサビつかせ、細胞を老化させます。
この体内の酸化が、体に様々な病気をもたらします。
セサミンの効果には次のようなものがあります。
抗酸化作用→人間の体には、ストレス、運動、喫煙、環境汚染などで、活性酸素が発生します。
活性酸素は、細胞膜やその中のDNAを攻撃して、傷つけてしまいます。
抗酸化作用は、酸化の原因であるである活性酸素を取り除くので、老化の進行を抑えます。
内臓の活性酸素を退治する働きがあります。
アンチエイジング→お肌のトラブルは、紫外線・睡眠不足・無理なダイエットだけでなく、活性酸素も大きく影響しています。
肌に直接潤いを与えるわけではありませんが、お肌を細胞から、元気にする働きがあるので、若々しさを保つ助けとなります。
コレステロール値を下げる→血中コレステロールを下げる効果があります。
善玉コレステロール(HDL)は血管をきれいにする効果がありますが、悪玉コレステロール(LDL)は増えすぎると酸化され、血管内に付着し動脈硬化の原因となります。
このコレステロールの酸化を防ぎ、悪玉コレステロールを減らす作用があり、動脈硬化・心臓病・脳卒中の予防となります。
女性ホルモン効果→体内で女性ホルモンと同様の効果があります。
加齢とともに減ってくる女性ホルモンを補うことで、更年期障害などを軽減できます。
セサミンは肝臓の働きと、密接な関係があり、抗酸化作用によって肝臓の働きを助けます。
肝臓は体内の精密な工場の役割があります。
アミノ酸を作ったり、エネルギーを作り出し、また、体内の毒素や有害物質を分解して、体外に出す働きもあります。
肝臓は大きな精密工場なので、大量の活性酸素が発生します。
これを減らすためにSODと呼ばれるしくみがあるのですが、加齢とともに減少するので、強力な抗酸化作用を持つセサミンをたくさん食べて、活性酸素を退治する必要があります。
ビタミンEにも抗酸化作用があります。
ビタミンEは血管や体の細胞膜で効果を発揮します。
悪玉コレステロール(LDL)が活性酸素によって酸化され、血管内に付着するのを防いだり、細胞膜の酸化を防ぎ、過酸化物質ができないようにします。
セサミンは主に内臓、特に肝臓で活性酸素を退治していますので、2つを一緒にとると、お互いを補い合って、体全体の酸化を防ぎます。
食物ではゴマ・麦・米に含まれいますが、この中で最も多く含まれいるのはゴマになります。
ゴマにはゴマリグナンが含まれます。
この中の成分がセサミン・セサミノール・セサモリン・セサモールです。
1日の摂取量は10mgが理想ですが、食事だけではなかなかとれません。
ゴマ料理など意識して食物からなるべくたくさんとることを心がけます。
最近では栄養機能食品のクッキー類にもゴマを取り入れたものがたくさん出ているので、私は、おやつはすべて、ゴマのクッキーやゴマ入りブランに変えました。
また、サプリメントも利用しています。
ビタミンEも意識して、健康食品やサプリメントを効果的に取り入れてください。

Main menu

Ranking

    オススメNo.1
    セサミンEX

    オススメNo.2
    かどや ごまセサミン

    オススメNo.3
    DHA&EPA+セサミンEX

Related topic

Copyright© 2010 Sesamin supplement Guide All Rights Reserved.